漫画 収納 ケース

漫画 収納 ケース

漫画 収納 ケース

このページは「収納・片付けのポイント 」の情報コンテンツです。
漫画 収納 ケース > 収納・片付けのポイント

豆知識

収納・片付けのポイント

忙しさにかまけて、部屋の中がなかなか片付かない、という方は多いのです。ちらかってから片付けるのは、どんなに掃除好きの人でも大変です。日頃から気をつけておきたいポイントをご紹介しましょう。

必要なものと不要なものを自覚する

普段何となく生活しているとだんだんとモノが増えていきます。はたして今家にあるものはすべて生活に必要なものでしょうか。限られた収納スペースにモノを収めるには、モノを減らすしかありません。いつか使うかも、とおいてあるモノがたくさんあるでしょう。いつ使うのか自問自答してみて、はっきり答えられないモノは処分するのも一つの方法です。

不要なものは時間をかけて処分

不要なものが決まったら、それを処分するわけですが、一気にやってしまおう、と思うとなかなか大変です。人間が本当に集中できるのは15分程度と言われます。今日はこっち、明日はあっちと15分だけ時間をとって少しずつ処分しましょう。一気に片付けるよりもはるかに楽です。

使用頻度の高いものは使うところの側に

不要なものを処分したら、あとは必要なものだけが残ります。それらをよく使うもの、めったに使わないもの、思い出の品、のように簡単に3つくらいに分類しましょう。そして、それらを収納する場所を決めます。ポイントは使用頻度をよく考えることです。使用頻度の高いものほど使うところの側に置きます。できるだけ歩かないで、モノが取れるようにしましょう。

楽にモノの出し入れができるように

モノの置き場所が決まったら、どのように収納するかを考えます。ポイントは必要なものが楽に出し入れできること。楽に、というのは、モノを取り出すまでのアクションが少ないという意味です。例えば、扉のない棚なら手を伸ばすだけでモノが取れますが、扉があれば、扉を開けるという動作が必要です。モノをしまう場所は棚や引き出し、箱などさまざまですが、できるだけアクションの少ない入れ方を考えましょう。

使ったモノは定位置に戻す

片付けた当初はきれいですが、時間の経過とともにまた戻ってしまっては意味がありません。きれいな状態を維持するコツは、使ったら元に戻すこととむやみにモノを増やさないことです。買い物をするときはどこに収納するのか、イメージしてから購入しましょう。

漫画 収納 ケース 激安通販