漫画 収納 ケース

漫画 収納 ケース

漫画 収納 ケース

このページは「押入れの有効な使い方 」の情報コンテンツです。
漫画 収納 ケース > 押入れの有効な使い方

豆知識

上段、下段、天袋の押入れの有効な使い方

押入れは通常、上段、下段、天袋と分かれています。これらの特徴を理解して収納すると、生活用品をスッキリ収納でき、また取り出しやすく片付けることができます。

上段の使い方

上段のスペースを縦半分にして考えます。片方のスペースには、出し入れがしやすいよう毎日上げ下ろしをする布団を置きます。布団の下に収納ケースを置いてその中にシーツや枕カバーを入れると便利です。上段のもう片方のスペースには、スタンドハンガーを設置して、よく着る上着をつるして収納します。身支度の際には押入れを開ければ、すぐに取り出せます。洋服の下にスペースがありますので、ハンカチなど身支度に必要なものを収納ケースに入れて置きましょう。

下段の使い方

押入れも下段もスペースを2つに分けて考えます。片方のスペースにはキャスター付きの収納棚を置くと、アイロンや救急箱、工具、捨てられない本やCDなどの生活雑貨が収納しやすくなります。収納するモノに応じて、棚板が細かく可動できるタイプを選ぶといいでしょう。CDや本のサイズに合わせて棚板を設置して、できるだけたくさん収納できるように工夫しましょう。

もう片方のスペースには、奥行きが深い、押入れ専用の引き出しケースを置きます。下段に置くと引き出しを大きく引き出せますので、奥までみやすく取り出しやすくなります。ここに普段着や子供の衣類を収納すると、押入れの前で身支度をすべて整えることができます。

天袋の使い方

天袋を使うには女性だと踏み台が必要になるでしょう。ここは出し入れにとても手間がかかります。天袋に収納するモノは、めったに出し入れしないモノ、1年に1度くらいしか使わないモノなどとするのが基本です。お正月用品や雛人形、クリスマス用品など1年に1度しか出し入れしないものは、中に何が入っているか箱に直接書いたり、ラベルを貼って収納するといいでしょう。ダンボールを使う際は取っ手があるものが便利です。

漫画 収納 ケース 激安通販